コラム

HOME > コラム > vol.1仔猫を拾ったら!?

動物なるほど通信 vol.1

仔猫を拾ったら!?

かわいいかわいい生まれたばかりの子猫。
拾ったのはいいけれどちゃんと生きていけるかナ・・・?
次の項目についてみてみましょう。

仔猫の様子を観察してみましょう

□眼は開いていますか?

●仔猫は生後9〜11日位で眼が開きます。

●10日過ぎても眼が開かない場合は目やにで眼が開かないことがあります。
精製水などを脱脂綿にひたし、そっと眼を拭いてあげましょう。

●黄色や緑色がかった目やにはウイルスや細菌感染によることがあります。
この場合は、病院で手当をしてもらった方が良いでしょう。

□鼻水やくしゃみをしていませんか?

●代表的な猫のカゼであるウイルス性鼻気管炎という病気があります。
早めに治療をしないと手遅れになることがあります。

□下痢をしていませんか?(お尻が汚れていませんか?)

●おなかに寄生虫がいたり、細菌が原因で下痢を起こすことがあります。

●適切な処置をしないと小さな命が危険に曝されます。

□おなかがふくれていませんか?

●おしっこやうんちは出ているでしょうか?!

●子猫は自分で排尿・排便ができません。

→子猫のお世話編を参照

□呼吸が速かったり変だったりしませんか?

●形態的な奇形があったり、なんらかの感染症にかかっている可能性があります。

□ぐったりしていませんか?

●低血糖であったり、もうすでに感染症にかかっている可能性があります。

※その他、何かおかしな様子がありましたら早めに病院で診てもらいましょう。

※子猫はまだ幼弱ですので症状が急変して治療が間に合わなくなることがあります。

その子猫どうするの?

□かわいい子猫ちゃん、ホントにあなたのおうちで飼えますか?

●ご家族の理解はありますか?

●先住の動物たちとの共存は可能ですか?

●経済的なものも大切なことです。

□飼い主さんを探しますか?

●動物病院の掲示板上に情報を載せてもらい里親を探す。

●ホームページ上の里親探しコーナーに載せてもらう。

●地域新聞等の里親探しコーナーに載せてもらう。etc...

page-top○

猫の保育について(お世話編)

子猫がおうちにやってきます{^\^}happy kitten!

□準備するもの

●子猫用粉ミルク

●子猫用哺乳びん

●保育箱

●トイレ

●ペットシーツ、猫用砂など

□栄養は?

●生まれたばかりの子猫ならばしばらくは猫用粉ミルクを哺乳びんで指示に従って飲ませます。
猫用ミルクには、子猫の生後の日数により、与える量や時間の間隔などが詳しく書かれています。ミルクは腐りやすいので、まとめて作って保存することはできません。一回毎に作り、飲み残した分は捨てます。

●生後1ヶ月位で離乳食を始める目安として、それまでは忍耐と根気のいる作業ですが、立派に成長してくれたときにはかけがえのない喜びを知ることができます。

●飲ませ方は、あお向けに飲ませますとミルクが気管に入って危険ですので、必ず腹ばいにさせて飲ませます。

●子猫はまだ多量に飲めませんので、根気よく時間をかけて少量ずつ飲ませます。

●離乳期になりましたら、最初はミルクを指につけてなめさせてみます。
次にスプーンで飲ませてみます。
この時、まだ飲み方も下手ですが根気よく見守りましょう。
そして、徐々にお皿からなめられるように教えていきます。
お皿からミルクが飲めるようになったらペースト状の離乳食に進みます。
市販の子猫用の離乳食か成長期用・高栄養の缶詰をペースト状にして与えます。

□排尿・排便について

●子猫は自力排せつができませんので、陰部や肛門を指やぬるま湯で湿らせた脱脂綿などで刺激を与えて、排尿排便をうながしてあげましょう。

●本来は、母猫がなめて刺激を与え排せつさせます。
それを飼い主さんが代わってしてあげないといけません。ほ乳後などこまめに排せつさせてあげないと、腹部がパンパンに張り、危険です。

□離乳期のトイレ

●初めてのトイレは、子猫が入れる高さ(8〜10cm)の低めの箱をいくつか用意して猫用のトイレの砂を入れます。

●寝箱の近くや遊んだり頻繁に通りかかる場所を選んで置きます。

●そして、食事の後や遊んだ後、寝起き後などにこまめに連れて行きます。

●最初はトイレの中で排せつを促すように軽く局所を刺激してみると良いでしょう。

●また、排せつ物の臭いをトイレの中につけておくことも大切です。

●砂は汚れた部分だけ取って片付けます。

●トイレの中は清潔に保つ必要がありますが、臭いも残らない程に掃除してしまうと猫はトイレの場所を理解できません。

□子猫を育てる環境

●保育箱を用意し、中の温度は30℃前後に保つようにします。湿度も割と高めにし、濡れタオル などで調整します。直射日光が当たらない場所を選びます。

●夏場は、風通しを良くして過ごしやすくしてあげます。

●冬場は、湯たんぽにタオルを巻いたり、ホットカーペットやペットヒーターを使うのもいいでしょう。
(※ただし、低温やけどには注意しましょう。)

●ペットヒーターならば下に敷かずに縦にたててタオルなどで覆い体の横から暖まるようにするのも有効です。

●また、ファンヒーターなどの温風が直接当たらないように注意しましょう。眼や鼻や喉がやられてしまいます。
部屋の空気の乾燥にも気をつけてあげましょう。

□ノミの対策について

●猫は非常にノミがつきやすい動物です。眼で見つけられる成虫はノミ全体の5%にしか過ぎません。 残りの95%は成虫予備軍(卵、幼虫、さなぎ)で、猫ちゃんの環境中(カーペットの中、ベッドの上、家具の下)に潜んでいます。 ノミが寄生すると、アレルギー性皮膚炎を起こしたり、条虫の幼虫を持ったノミを摂取してしまうと条虫が感染して下痢等の消化器症状を起こすことがあります。また、飼い主さんもノミの被害を受けることにもなりかねません。

●予防は治療に勝ります。

●首の後ろに少量を滴下するだけの簡単な方法でノミを駆除・予防できる製剤があります。
これは薬剤が皮膚を伝わって皮脂腺にプールされるものと角質層にプールされるものがあり、そこから徐々に放出され効果を発揮しますので、血液中には入りませんのでとても安全です。

●一回滴下して一ヶ月間効果は持続しますのでとても簡単です。
子猫でも生後6週齢から使用できます。

●6週齢以下の子猫でもうすでにノミが寄生しているならば、スプレータイプをおすすめします。
これは2日齢から安心して使用できます。

●また、ノミの幼虫やサナギに効果を発揮する服用タイプもあります。
これは同時に皮膚糸状菌症(ミズムシ:猫の8割は常在している)にも効果を発揮します。

□伝染病もとても心配です・・・

●猫に有効なワクチンは3種の伝染病混合ワクチン(猫ウイルス性鼻気管炎(ヘルペスウイルス)、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症(パルボウイルス))と、猫白血病ワクチンがあります。

●生後二ヶ月齢から接種できます。
獣医師がワクチンプログラムを作りますので、それに沿って接種し子猫を伝染病から守ってあげましょう。

●やはり予防は治療に勝ります。病気の説明は獣医師が直接教えてくれます。

□さて、いよいよかわいい子猫ちゃんが
 あなたの家族の仲間入りです。
大切なのはお世話をする人と愛情です

子猫のお世話は大変だったり、心配したりしますが、子猫はいつだってあなたのそばにいて、あなたとの生活が素晴らしいものになるでしょう。

あなたやあなたの家族にたくさんの幸せを運んできてくれるでしょう・・

page-top○

求人情報