コラム

HOME > コラム > vol.9ペットのツボ療法1

動物なるほど通信 vol.9

犬の冬対策

ペットのツボ療法−1

カゼをひいた

 ようやく紅葉も見られ始め、秋らしくなってきました。過ごしやすい季節でもありますが、この時期は急に冷え込んで体調を崩すこともありますね。ペットも同様で、かぜのような呼吸器症状が多くなります。
 そこで、自宅でできるかぜ予防のツボ療法をご紹介します。

1. ペットが寒がっていたら・・・

風池:耳の後ろで首の両側にあるくぼみ

大椎:背中の中心線上で首の付け根

合谷:前足の親指と第2指の間のくぼみ

2. 呼吸がしづらい・・・

尺沢:肘を曲げたときにできる線の内側

列缺:前足の内側の足根関節のすぐ上

天突:首の中心線上で肋骨の始まるすぐ上

肺兪:肩甲骨の間の背骨の両脇

 以上のツボをペットが嫌がらない強さで指で円を描くようにしたり、指圧をすると良いです。ポイントは、気持ちよさそうにするくらいの刺激です。体力のある子は少し強めで時間を短く、虚弱な子には弱く時間を長めに行うと良いです。ただし、呼吸が苦しそうだったり、熱が高いようでしたら早めに獣医師に診てもらいましょう。

犬のツボ

文責:獣医師 澤村めぐみ(2011/11/04)

page-top○

求人情報