コラム

HOME > コラム > vol.11これからの時期大切なノミダニ予防について…

動物なるほど通信 vol.11

これからの時期大切なノミダニ予防について…

 散歩から帰ってから足を引きずる・・・この時期に飼い主様から聞くお話です。やぶや草むらなどに生息するマダニが寄生します。指の間、爪の裏、内股などへの吸血が原因となることがあります。犬だけでなく、猫にも寄生します。少しでも緑が多い場所に近づく時はマダニに注意して下さい。マダニは吸血開始から48時間以降に様々な病気を運びます。メスの親ダニは、吸血前の体重に比べ100倍にもなるといわれ、多数の寄生により貧血死することもあります。
 散歩後の犬や外から帰ってきた猫をチェックしましょう。特に、頭や耳、目の縁やお腹、指の間や背中、尻尾などをチェックしてあげて下さい。
 もし、マダニを発見しても、決して無理にとろうとしてはいけません。化膿したり、肉芽腫性皮膚炎になったり、病原体をペットにうつすことになります。見つけたら、すぐにかかりつけの動物病院へ行きましょう。
 マダニがついてしまうと大変ですが、フィラリア症同様、予防するのが最も簡便です。動物病院で、ペットの生活環境にあった安全で効果的で実績のある、ノミも同時に予防できるノミダニ予防薬を処方してもらいましょう。

ダニ

文責:獣医師 澤村めぐみ(2012/05/28)

page-top○

求人情報