病気の治療

HOME > 病気の治療 > 症状からさがす−6

症状からさがす−6

心肺停止と蘇生術

●心肺停止

初期症状は呼吸の変化、チアノーゼ、低血圧、および不規則な脈がみられます。
心肺停止の症状はチアノーゼ、換気の欠損、または脈の欠損がみられます。

●基本的生命救助法

ステップA:気道の確保

・反応がないことを確認したら、気道を確保します。

↓

ステップB:呼吸

・呼吸がなければ、1〜1.5秒毎に人工呼吸を行います。

・人工呼吸を直ちに行えば、組織の低酸素症およびアシドーシスを最小限に抑えることができます。

↓

ステップC:循環

・脈がないことを確認したら、心臓マッサージを行います。
(1分間に80〜120回の圧迫が必要となります。)

・1人で心肺蘇生を行っている場合、速度は80〜120回/分で続け、胸部を15回圧迫した後に2回換気(人工呼吸)を行います。

↓

ステップD:診断と除細動

・心室細動がある場合、電気的な除細動を実施する必要があります。

↓

ステップE:緊急薬

・状態により、緊急薬を投与します。

next○ page-top○

病気の治療
病気の名前とその治療法
病気の名前から探す
症状から探す
●症状から探す−6
心肺停止と組成術

★ご利用上の注意点★
本情報は、あくまでも情報の提供で、担当の獣医師の診断および説明の補足にすぎません。
本情報のみの判断はたいへん危険です。必ず担当獣医師と相談し、最愛のペットの治療にあたってください。

求人情報