検査・手術室

HOME > 検査・手術室 > 血液検査

検査

血液検査

血液検査とは?

動物病院で行われる血液検査の項目は多岐にわたります。
血液検査は解りやすく大きく分けて、この2つがあります。

●CBC(完全血液血球検査)

●血液化学検査および血液特殊検査

どのようなことがわかるのでしょうか?

血液検査を行うことで、あなたの大事なペットの多くの情報を獣医師に提供してくれます。 その検査結果によっては、大変な病気の早期発見につながることは言うまでもありません。
ここでは、血液検査項目の参考外値がどのような病気の可能性があるかをご紹介します。

●CBC(参考値は測定器械によって異なります。)
測定項目 増加 減少
WBC
(白血球数) 
感染症/各種炎症性疾患/多血症  感染症末期(敗血症)/骨髄抑制/汎血球減少症
RBC
(赤血球数)
脱水症/心肺疾患/多血症 貧血(出血、慢性炎症、腎臓病、骨髄抑制)
血小板 反応性/腫瘍性 免疫性/中毒性/骨髄抑制/DIC
好中球 細菌性/中毒性炎症 敗血症末期/骨髄抑制
リンパ球 慢性炎症/リンパ腫/白血病 ステロイド/ウイルス感染症/消耗性
単球 ストレス/慢性炎症/溶血性疾患 -
好酸球 寄生虫/アレルギー/腫瘍
好酸球増多症候群
グルココルチコイド
●血液化学検査(参考値は測定器械によって異なります。)
項目増加するケース減少するケース主な臓器
LDH 肝疾患/心疾患/癌/白血病 - -
CPK 心疾患/外傷/中枢神経疾患/ショック/交通事故 - -
Glu ストレス/糖尿病/副腎疾患  低血糖/肝不全/飢餓/すい臓癌 膵臓/
糖代謝
FRA 慢性高血糖/糖尿病 -
Amy 膵炎/胆管閉塞/小腸炎/腎炎 -
Tcho 食餌性/胆管閉塞/甲状腺機能低下症/副腎疾患/糖尿病 すい臓外分泌不全/門脈体循環短絡/蛋白漏出性腸炎/吸収不良性症候群 脂質代謝
TG 肥満/急性すい炎/食餌性/糖尿病 吸収不良性症候群/甲状腺機能亢進症/肝硬変
ALP 胆管閉塞/副腎皮質機能亢進症/胆管炎/成長期/骨肉腫 乳腺癌/妊娠/肝臓癌/ストレス/
ステロイド
- 肝臓
ALT(GPT) 肝炎/循環不全(心疾患)/肝腫大/副腎皮質機能亢進症/腫瘍/敗血症/薬物中毒/肝臓癌/急性すい炎 肝硬変/肝不全
AST(GOT) 重度肝炎/肝臓癌/心筋症/薬物中毒/骨格筋炎 肝不全
Tbil 胆管閉塞/肝不全/血管内溶血/急性すい炎 -
GGT 胆管閉塞/肝炎/肝臓癌 -
TP 脱水/感染症/全身性慢性炎症 出血/肝不全/蛋白漏出性腸炎 蛋白
Alb 脱水 肝不全/飢餓/高Glb血症/蛋白漏出性腸炎/腎性喪失/腹水/胸水 出血/すい外分泌不全
BUN 腎機能低下/脱水/消化管出血/飢餓/筋肉損傷 肝機能不全/多飲多尿/門脈体循環短絡 腎臓
Cre 腎機能低下/溶血 -
IP 溶血/腎不全/骨吸収/上皮小体機能低下症/幼若動物 原発性上皮小体機能亢進症/子癇 電解質
Ca リンパ腫/腎不全/アジソン病/上皮小体機能亢進症 腎不全/子癇/急性すい炎/低Alb血症
Na/Cl 脱水 脱水/飲水過剰/腹水
Mg 慢性腎不全/尿毒症 飢餓/甲状腺機能亢進症

page-top○

検査・手術
主な検査一覧
主な手術一覧

★注意事項★
※参考値は測定器械によって異なります。参考値の問い合わせについては受け付けません。また、本情報は、飼い主さん向けの情報提供です。適切でない獣医学的用語が使われているところがありますが、予めご了承下さい。
※本情報提供によって生じたいかなるトラブル・問題には当院はいっさい責任を負いかねます。詳しくは現在診察を受けている獣医師に相談をしてください。

求人情報