病気の予防

HOME > 病気の予防 > 犬の病気予防 < フィラリア予防(検査・診断・予防・治療)

犬の病気予防−1

フィラリア予防

●フィラリア症について

フィラリアとは寄生虫の名前です。
最終的に特に犬(猫・フェレットにも寄生します)の心臓に住みつき様々な障害を起こす細長い虫です。長いものでは28cmもあります。
心臓は一時も休むことなく全身に血液を送り出します。その大事な臓器がやられるので肺・肝臓・腎臓などの多くの臓器に障害が出てきます。そして、様々な症状が大切なペットを苦しめることになるのです。

●フィラリアの感染経路は?

蚊(か)です。
フィラリアに感染している犬やその他の動物を蚊が刺し、血を吸うことでフィラリアの子虫が蚊の体内に入ります。そして、その蚊が別の犬を刺すことで感染が広がっていきます。
犬の体内に入り込んだフィラリアの子虫は、脱皮を繰り返しながら成長し、血液中に侵入、ついには心臓に達してしまいます。
予防をせずに夏を過ごした場合の感染率は、1年目で約38%、2年目で約89%、3年目では約92%と、感染の危険性は年々高くなります。

→図説:感染経路

page-top○

●血液検査を受けましょう

すでにフィラリアに感染してしまっている場合、予防薬の投与によってショック状態を引き起こすことがあります。このため、処方する前に血液検査を行って感染の有無(陰性・陽性)を調べます。

以下は、当院で行っている検査内容です。

検査内容
  • 血液中の子虫の検査
  • 成虫の免疫学的検査
検査項目
  1. 子虫のチェック
  2. 成虫抗原検査(親虫のチェック)
  3. 血中尿素窒素量(腎不全の早期発見)
  4. 赤血球容積(貧血の早期発見)
  5. 貧血度
  6. 溶血度(赤血球が血管内で壊れる)原因はいろいろ
  7. 黄だん度(主に肝機能)
  8. 血清乳び(コレステロール・中性脂肪を反映)
  9. 肥満度(肥満は万病のもと)

↓画像をクリックすると拡大画像をごらんいただけます

犬フィラリア症感染検査

※当院では、採血した血液で簡易健康診断も同時に行います。
犬は1年で人間に換算すると約4年、としをとります。健康と思われても、ペットの体の状態を把握しましょう。

※ミクロフィラリア・簡易健康診断(報告書込み)

page-top○

●フィラリア症の検査・診断率

現在、一般的に使用されている検査薬によって診断できる確率(感度)は、ミクロフィラリア検査が「47.2%」、抗原検査は「90.4%」と言われています。

検査結果診断
陰 性

●予防薬を前年に計画通り投与した場合

予防はきちんと行われおり、問題ありません。

●予防薬を前年に計画通り投与しなかった場合

結果が「陰性」であっても、ごくまれに感染の危険性があります。

「投薬時期を早めに切り上げてしまった。」
「薬を与えるのを忘れてしまった」
「犬が知らないうちに薬を吐き出してしまった」など、

こうした場合は、予防薬をあげていても感染する可能性があります。
再検査やより詳しい検査が必要になる場合がありますので、お心当たりのある場合は獣医師に必ずお申し出下さい。

検査結果診断
陽 性

フィラリアの感染が認められます。
フィラリア症の症状がどこまで進行しているか詳しい検査「血液検査」、「FCR(レントゲン)」、「超音波検査」をお勧めします。

→治療方法

page-top○

●フィラリアの予防薬=フィラリア"症"の予防薬

残念ながら、フィラリア自体の進入を防ぐことはできません。
では、フィラリアの予防薬はなぜ効くのでしょうか?
蚊の感染経路の中で、まだ1〜2ヶ月皮下にいるうちに子虫を殺すのです。
だから、月に1回の投与でフィラリア症の予防ができるのです。
つまりフィラリアの予防薬とはフィラリア症の予防薬なのです。

認可されているフィラリア予防薬とその効果・特徴(2008年8月 現在)
お薬のタイプ効果・特徴
ジャーキータイプ ジャーキー ジャキータイプ。
予防はもちろん、同時に回虫、鉤虫を駆除できます。
3タイプ取り扱っております。
モキシデック錠剤 錠剤 もし感染していても、安全性が高い?
ミルベマイシンA 錠剤・顆粒 予防はもちろん、回虫、鉤虫、鞭虫を駆除。同時にノミ対策ができるものもあります。
アドバンテージハート スポット剤 スポット剤で背中の皮膚から吸収させます。
ノミも同時に予防します。

※以前から、大動物用の液体のお薬を併用されている方はその危険性を担当獣医師に十分にお聞き下さい。

page-top○

もしすでに感染していたら?

●フィラリアの治療法例

フィラリアの治療法は、年齢や状態によって異なりますが、大きく4つに分けられます。担当獣医と十分に話し合いましょう!

  1. 緊急手術(フィラリア成虫摘出術)
  2. ある種の予防薬を16ヶ月連続投与
  3. 保存療法
  4. フィラリア成虫駆除剤の注射投与
治療法例:1
急性フィラリア症後大静脈症候群
症状赤褐色尿・喀血
説明緊急手術をする場合と保存療法を選択する必要があります。
フィラリアはすでに多く存在し、心臓の弁に絡んだり、大静脈に詰まっている状態です。この状態でフィラリア摘出手術を実施した場合、当院での救命率は50%です。手術により詰まったフィラリアを除去できても、その後の回復は病状に左右されることが多いです。
治療法例:2
末期フィラリア症
症状腹水・胸水・咳
説明比較的高齢で、運良くフィラリアが血管・心臓の弁に絡まずに生きながらえてきた場合のようです。
このとき、超音波でフィラリアを発見することは困難なことが多いです。また、フィラリア免疫検査でも弱陽性または陰性の結果が出ることもあります。しかし、レントゲンや他の一般血液検査(肝機能や腎機能・CBC)を行うことで、様々な臓器の病変が重度に進行していることが分かります。フィラリア症の腹水は肝臓から漏れ出ていることが多いようです。 心臓のお薬と呼吸抑制がある場合は腹水の抜去を行います。いわゆる保存療法を行います。
治療法例:3
血液検査で陽性
症状たまに咳、高齢
説明低リスクの治療
治療法例:4
血液検査で陽性
症状-
説明フィラリア寄生期間をできるだけ、短縮させるために、また飼い主さんが安全な治療法を選択したいという場合、そして注射駆虫剤の投薬で危険性が高いと判断した場合に行っています。
フィラリア予防薬のうちの一つがその効果があることが分かりました。16ヶ月以上の連続投与を行います。月に一度、フィラリア症予防量のフィラリア予防薬を服用します。
現在ではほとんどの場合、この治療法が選択されています。

page-top○

犬の病気予防
フィラリア予防
犬伝染病混合ワクチン
ノミ・ダニ予防
狂犬病ワクチン※準備中
猫の病気予防
三種混合ワクチン
猫白血病ワクチン
ノミ予防※準備中

求人情報