ホーム お知らせ 診療事例 診療内容 健康診断 トリミング 里親譲渡会 統合医療 パピー教室 予防接種 ペットホテル リハビリテーション 行動診療 院長挨拶 施設紹介 当院について 診察の流れ よくある質問
閉じる

食道裂孔ヘルニア整復

担当獣医師:上山 万美子 診療日:2022年04月23日
動物の種類
診療内容 一般内科 消化器科 軟部外科
主訴、現病歴、既往歴保護時から嘔吐の頻度が多い
元気食欲の低下を繰り返し体調が不安定
検査結果レントゲン
胃の胸腔内への脱出を疑う所見あり

CT
胃の胸腔内への脱出を認める
疑われる疾患食道裂孔ヘルニア
EBMの視点胃が胸腔内に入り込んでしまっていることにより、食欲不振や嘔吐などの消化器症状を示してる。内科管理にて症状を軽くすることは可能かもしれないが、外科的に整復することが根治治療となる。
NBMの視点胃が胸腔内に入り込んでしまっていることにより、食欲不振や嘔吐などの消化器症状を示してる。内科管理にて症状を軽くすることは可能かもしれないが、外科的に整復することが根治治療となる。
根治治療のご提案外科手術にて胸腔内に脱出してしまった食道と胃を腹腔内に整復する。
緩和治療のご提案
対処療法のご提案吐き気止めや胃腸薬の使用により消化器症状を和らげる。
家族会議・獣医の情報共有全身麻酔下でのヘルニア整復を希望されました。

術後経過
嘔吐は認めなくなり体調は安定している。